アイシスの今後!男が気になるミニバン。

トヨタのアイシスは2004年に発売以来、まだ一度もモデルチェンジを行っていない設計が古い車です。
この車は1800ccエンジンと2000ccエンジンを搭載する中型ミニバンとして作られており、特徴となっているのがBピラーをスライドドア側に内蔵するピラーレススライドドアで、助手席のドアとスライドドアを同時に開けるとピラーの無い大開口面積を得ることができるパノラマオープンドアを採用していることです。

このパノラマオープンドアは助手席側だけに採用されている形となっており運転席側は通常のスライドドアとなっており、いわゆる非対称設計が用いられた車ということになります。
ただ、このメリットは普段車を使っていてもそのメリットに気が付かないことが多く、世間では無駄な装備といわれており、更にはボディ剛性を弱める大きな原因とも言われています。
しかし、トヨタは懲りずに子会社であるダイハツから発売されているタントにこのピラーレススライドドアを採用させました。
このモデルもそろそろ飽きがきているころでフルモデルチェンジが望まれているのですが、トヨタには今のところそう言った考えはなく、しばらくの間はこのまま販売し続けるようです。
サビ取り

ミニバンに求められるもの

日本のミニバンには、規模に合わせて三つの種類があります。
エンジン排気量が大きく、ボディもトラック並のサイズを持っている大型ミニバン、基本5ナンバー枠となっていてエンジンも2リッター前後となっている中型ミニバン、そして完全5ナンバーでコンパクトカークラスのボディサイズに1600cc程度のエンジン排気量を持つ小型ミニバン、ボディサイズはエンジン排気量で分けるとこういった形になります。
これらのミニバンで面白いのがミニバンという一つのくくりではなく、それぞれのサイズに合わせて求められるものが全く違うということです。
大型ミニバンは大排気量エンジンによる動力性能や大きなボディによる居住空間の広さ、そして一番求められるのが快適装備に充実です。
価格帯の高いモデルともなるとそのミニバンを発売している自動車メーカーが持っているさまざまな快適装備がすべて付けられているのではないかと思うぐらいごってりと快適装備が付けられており、なかば快適装備の見本市のような状態になっている車もある位です。
中型ミニバンはファミリーカーとしての使い勝手を重視したもので、ボディもほどほどに大きいのでそれなりの居住空間を求められるし、エンジンも2リッタークラスなのでそこそこ走らなければなりません。
ライフjb1買取

しかし中型ミニバンで強く求められるのが燃費と車両価格です。
一般的なファミリーが乗ることが多いため、家計を苦しめるガソリン代は少ない方がいいですし、自動車ローンの月々の返済額も少ない方がいいのです。
そして小型ミニバンは、使い勝手よりどちらかというと取り回しの楽さを求められます。
小型モデルをわざわざ買うわけですから、小回りは聞かなければ選んだ意味がありません。
更に小さいモデルだけあって車両も安くなければなりません。
こういったことがクラスによって求められることになるので、一概にミニバンという目で見ることはできないのです。

ステップワゴンを選ぶ男が増えている!?

ホンダのファミリー向け中型ミニバンとなるのがこのステップワゴンです。
過去にホンダから発売されていたステップバンをイメージして作られたこの車は当初、名前もそのままのステップバンとして販売する予定だったのですが、日本でバンというと商用バンをイメージさせるということから急遽ステップワゴンという名前になったという逸話があります。
この車は日産のセレナやトヨタのノア・ヴォクシー兄弟という非常に強烈なライバル車を持つ車でいつも比較されているのですが、モデルチェンジサイクルのタイミングが悪く、いつも1世代遅れたモデルでライバル車と競合する形になってしまうのです。
それによる販売台数への影響が大きいらしく、いつまでたっても大ヒットということにはならないようです。
実は現在もそういった状況に置かれており、セレナがS-HYBRIDを搭載したり、ノア・ヴォクシーがハイブリッドモデルを発売している中、いまだガソリンエンジンモデルだけの2009年の状態となっており、売り上げもあまりよくないようです。
しかし、2015年にやっと新しいモデルとなるそうです。
その目玉となるのがエンジン、噂では2リッターエンジンのハイブリッドモデルと、1.5リッターVTECターボというダウンサイジングターボエンジンを搭載するというのです。
これでやっとライバル車とまっとうな勝負をすることができるようになります。
最近ではステップワゴンを選ぶ子供を持つ父親が増え、ドレスアップモデルの「スパーダ」も人気のグレードですね。
ステップワゴンスパーダ 買取

ウィッシュはファミリーカーには不向き?

2リッタークラスの中型ミニバンはファミリーユースに重点を置いた車が多いのですが、このトヨタのウィッシュはそういったことを全く無視した形で作られた中型ミニバンです。
トールタイプのミニバンが多い中型ミニバンの中で現時点では唯一の低ルーフスタイルを持っており、ドアもスライドドアではなく、4枚ともヒンジドアで一見ステーションワゴンのように見えるのですが、ドアを開けるとちゃんと3列シートが付けられているのです。
さすがにノアやヴォクシーのような広々空間とはいかず、サードシートもチープなものとなっていますが、それでも最大で7人まで乗ることができるので普段はサードシートをたたんでステーションワゴンライクに使い、乗る人間が増えた時だけサードシートを展開するといった使い方をすることができます。
エンジンは2リッターモデルと1.8リッターモデルがあるのですが人気の主流は2リッターモデルでミニバンには似つかわしくありませんがスポーティーな走りを多少は楽しめるようになっています。
ただ、この車はエンジンも車体も設計の古さを感じる部分が多分にあり、トヨタの設計の限界を感じることとなるのですが、普通に乗っている分には全く問題はありませんので、トール型のミニバンがあまり好きでない方にはいい車になるでしょう。
男目線で見るウィッシュは、大きすぎず小さすぎずでいいけど、もうちょっと室内が広かったらいいかな、3列目はほぼ使えないですし・・・
それに前モデルは値崩れが激しいので、下取りとかで損しそう・・

ノア・ヴォクシーはパパウケ最高!

先代モデルまではそれなりに人気はあったのですが、日産セレナの人気に押され気味になっており、細々と売られていた状態が長く続いたのですが、フルモデルチェンジによって現行モデルとなった今では大逆転状態となっています。
ノアとヴォクシーは、アルファードとヴェルファイアの関係と同じような販売チャネル違いの兄弟車で、ノアは完全ファミリー向け中型ミニバン、ヴォクシーはお父さんの意見が通るファミリーが好むようなモデルとなっているのですが、人気の秘密はデザインではなく、中型ミニバンで初めての本格的にハイブリッドシステムを搭載したモデルであるということです。

中型ミニバン初のハイブリッドモデルといえば日産のセレナということになるのですが、この車のものはスターターモーターを活用した簡易型ハイブリッドシステムで本格的なハイブリッドモデルとなったのはノアとヴォクシーが初めてとなるのです。
ただ、この車にもトヨタの悪い癖である使いまわし策が行われており、通常であれば2リッターエンジンにハイブリッドシステムという形になるのですが、プリ数のものをそっくりそのままつけてコストを削減しようという考えがあり、2リッタークラスのエンジンを搭載する中型ミニバンであえて1.8リッターエンジンを搭載することになってしまったのです。
これは結構残念がっている方が多く、トヨタのやり方の少しうんざりしている方も多いらしいです。
ですがその反面、子供を持つパパにはすごく人気のある車ですね・・・・