ウィッシュはファミリーカーには不向き?

2リッタークラスの中型ミニバンはファミリーユースに重点を置いた車が多いのですが、このトヨタのウィッシュはそういったことを全く無視した形で作られた中型ミニバンです。
トールタイプのミニバンが多い中型ミニバンの中で現時点では唯一の低ルーフスタイルを持っており、ドアもスライドドアではなく、4枚ともヒンジドアで一見ステーションワゴンのように見えるのですが、ドアを開けるとちゃんと3列シートが付けられているのです。
さすがにノアやヴォクシーのような広々空間とはいかず、サードシートもチープなものとなっていますが、それでも最大で7人まで乗ることができるので普段はサードシートをたたんでステーションワゴンライクに使い、乗る人間が増えた時だけサードシートを展開するといった使い方をすることができます。
エンジンは2リッターモデルと1.8リッターモデルがあるのですが人気の主流は2リッターモデルでミニバンには似つかわしくありませんがスポーティーな走りを多少は楽しめるようになっています。
ただ、この車はエンジンも車体も設計の古さを感じる部分が多分にあり、トヨタの設計の限界を感じることとなるのですが、普通に乗っている分には全く問題はありませんので、トール型のミニバンがあまり好きでない方にはいい車になるでしょう。
男目線で見るウィッシュは、大きすぎず小さすぎずでいいけど、もうちょっと室内が広かったらいいかな、3列目はほぼ使えないですし・・・
それに前モデルは値崩れが激しいので、下取りとかで損しそう・・

ノア・ヴォクシーはパパウケ最高!

先代モデルまではそれなりに人気はあったのですが、日産セレナの人気に押され気味になっており、細々と売られていた状態が長く続いたのですが、フルモデルチェンジによって現行モデルとなった今では大逆転状態となっています。
ノアとヴォクシーは、アルファードとヴェルファイアの関係と同じような販売チャネル違いの兄弟車で、ノアは完全ファミリー向け中型ミニバン、ヴォクシーはお父さんの意見が通るファミリーが好むようなモデルとなっているのですが、人気の秘密はデザインではなく、中型ミニバンで初めての本格的にハイブリッドシステムを搭載したモデルであるということです。

中型ミニバン初のハイブリッドモデルといえば日産のセレナということになるのですが、この車のものはスターターモーターを活用した簡易型ハイブリッドシステムで本格的なハイブリッドモデルとなったのはノアとヴォクシーが初めてとなるのです。
ただ、この車にもトヨタの悪い癖である使いまわし策が行われており、通常であれば2リッターエンジンにハイブリッドシステムという形になるのですが、プリ数のものをそっくりそのままつけてコストを削減しようという考えがあり、2リッタークラスのエンジンを搭載する中型ミニバンであえて1.8リッターエンジンを搭載することになってしまったのです。
これは結構残念がっている方が多く、トヨタのやり方の少しうんざりしている方も多いらしいです。
ですがその反面、子供を持つパパにはすごく人気のある車ですね・・・・