ミニバンに求められるもの

日本のミニバンには、規模に合わせて三つの種類があります。
エンジン排気量が大きく、ボディもトラック並のサイズを持っている大型ミニバン、基本5ナンバー枠となっていてエンジンも2リッター前後となっている中型ミニバン、そして完全5ナンバーでコンパクトカークラスのボディサイズに1600cc程度のエンジン排気量を持つ小型ミニバン、ボディサイズはエンジン排気量で分けるとこういった形になります。
これらのミニバンで面白いのがミニバンという一つのくくりではなく、それぞれのサイズに合わせて求められるものが全く違うということです。
大型ミニバンは大排気量エンジンによる動力性能や大きなボディによる居住空間の広さ、そして一番求められるのが快適装備に充実です。
価格帯の高いモデルともなるとそのミニバンを発売している自動車メーカーが持っているさまざまな快適装備がすべて付けられているのではないかと思うぐらいごってりと快適装備が付けられており、なかば快適装備の見本市のような状態になっている車もある位です。
中型ミニバンはファミリーカーとしての使い勝手を重視したもので、ボディもほどほどに大きいのでそれなりの居住空間を求められるし、エンジンも2リッタークラスなのでそこそこ走らなければなりません。
ライフjb1買取

しかし中型ミニバンで強く求められるのが燃費と車両価格です。
一般的なファミリーが乗ることが多いため、家計を苦しめるガソリン代は少ない方がいいですし、自動車ローンの月々の返済額も少ない方がいいのです。
そして小型ミニバンは、使い勝手よりどちらかというと取り回しの楽さを求められます。
小型モデルをわざわざ買うわけですから、小回りは聞かなければ選んだ意味がありません。
更に小さいモデルだけあって車両も安くなければなりません。
こういったことがクラスによって求められることになるので、一概にミニバンという目で見ることはできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>