アイシスの今後!男が気になるミニバン。

トヨタのアイシスは2004年に発売以来、まだ一度もモデルチェンジを行っていない設計が古い車です。
この車は1800ccエンジンと2000ccエンジンを搭載する中型ミニバンとして作られており、特徴となっているのがBピラーをスライドドア側に内蔵するピラーレススライドドアで、助手席のドアとスライドドアを同時に開けるとピラーの無い大開口面積を得ることができるパノラマオープンドアを採用していることです。

このパノラマオープンドアは助手席側だけに採用されている形となっており運転席側は通常のスライドドアとなっており、いわゆる非対称設計が用いられた車ということになります。
ただ、このメリットは普段車を使っていてもそのメリットに気が付かないことが多く、世間では無駄な装備といわれており、更にはボディ剛性を弱める大きな原因とも言われています。
しかし、トヨタは懲りずに子会社であるダイハツから発売されているタントにこのピラーレススライドドアを採用させました。
このモデルもそろそろ飽きがきているころでフルモデルチェンジが望まれているのですが、トヨタには今のところそう言った考えはなく、しばらくの間はこのまま販売し続けるようです。
サビ取り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>